<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

予防接種について

パスポートの申請も終わりました。
次は予防接種。

海外に出かける場合、その土地で流行している感染症にかかる可能性があります。
なので、事前に予防接種をしておくと良いこともあるようです。
が、何をどう打てばよいのかシロウトにはわかりません。

こんなとき、各検疫所の相談窓口に連絡すると相談にのってくださいます。
厚生労働省の海外渡航者のための感染者情報というHPでは、近くの検疫所を調べることも出来ます。
ここは、各地域ごとの感染病情報もあるので便利です。

私のいる福岡の場合は、海外渡航する人のための専門窓口(電話)が開設されていました。
「いつから、どこの土地に、どれくらいの期間行くのか」によって、どの予防接種を
優先に行うべきかについて親切に教えてくれます。

ちなみに、11月に北インドに10日ほど行く場合は
・A型肝炎(2週間隔で2回)
・狂犬病(1ヶ月の間に3回)
を接種すると良いんだとか。
A型肝炎と狂犬病ワクチンは同時接種も可能だそうです。
ただし、予防接種は副作用が出る可能性もあるため、旅行の2週間前までに
済ませておいた方が良いそうです。

マラリアが怖かったので、その予防薬のことも訪ねてみたのですが、
「予防薬の副作用を考えると、10日間の旅行であれば服用しない方がいいです。
潜伏期間から考えると、もし発病しても日本で治療できますし。」
と言われました。

それもどうだろう。

そうそう。
相談の前に、自分の母子手帳を用意しておくといいですよ。
幼い頃にどんな予防接種を行なったかどうかを聞かれます。

追記:
マラリアの予防薬ですが、やはり副作用の強いものがあるみたいです。
ですが、やはり効果はあるようですので、蚊の多い地域に長期滞在される方は
飲むほうがいいのでしょうね。罹った知り合い曰く、本当に苦しいそうですから。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-30 15:37 | 北インドへの道

自己責任とは

アフガニスタンに観光に行った日本人2名が行方不明なんだそうです。
現地入りしているNGOの方のブログでも、「現地の人の助けを借りなければ行動できない
状態」と書かれています。
ネットでの情報なので限られていますが、
アフガンは現在、選挙前で治安がとても悪化しているようです。

「北インドに行こうと思って」と言うと、あちこちでいろんなことを言われます。
確かに日本人が思い浮かべる観光地ではないですし…しょうがないのでしょうね。
だからこそ、事前に情報を集め、自分の責任で安全をどれだけ確保できるかが
課題のような気がします。

あとは、もしものこともきちんと考えとくことでしょうか。
多少の覚悟はおかないとな。

彼らの無事を祈っております。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-30 15:03 | 北インドへの道

みやざき行ってきました

仕事で(きっぱり

得意先にシステム納品に行ったら、話が通ってませんでした。ははははh
一部システム入れられなかったよ。

で。みやざきといえば、これ。
d0016306_2138100.jpgなんじゃこりゃ大福(だっけな。

大きさは直径5cmほど。ちょっと大きいくらいなのですが。

中に、「いちご、栗、クリームチーズ」が入ってます。
最後のクリームチーズが曲者。

餡と食べると、バターを食べてるような感じがします。

宮崎へ御用がありましたら、是非一度。
日高というお菓子屋さんの一品です。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-28 21:06 | のほくらし

「よく来た、ロックンロール・ジャンキーズ!」

夏休みも土曜もなく働く日々。
ストレスが溜まっております。
夏バテもします。夏風邪で熱も下がりません。

そんな中、精神的にもっている理由は何かといえば。
ここ数ヶ月、毎日のように観ている某ライブDVDのおかげです。

これをみて、とにかく叫ぶ。
近所迷惑だが、とにかく暴れる。

熱も上がりますがテンションも上がります。
ストレスも一気に消えます。

暴れるという意味では、ちと古いですが、
UNDERWORLDの『Everything Everything』もオススメです。
アレは飛べます。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-22 22:00 | のほくらし

夏ですし

今日も元気に会社に居ります。

帰省中の友人のバンド話を聞いて羨ましがっていたところ、
「あなたも何か楽器をしたら?」
と言われて、うーんと悩んだ挙句。

ベースが気になってます。

いや、ギターの方がヒキコモリな28歳に向いてることは承知してるのですが、
あんなに(頭には"フトシ"という名前が不釣合いなギターリストが浮かんでます)
手は動かないし。と思ってベースを選択。

…すみません。舐めきってました。ウエノさんごめん。本当にごめんなさい。
朝6時から『God Jazz Time』を観て反省。
ベースって、ものすごくのんびりしてると思ってましたわ…
すごい。とにかくすごかったです。

そうはいいつつ試しにやってみたいので、昨日の会社帰りに本屋で立ち読みをして
TAB譜の読み方とベースの何処を押さえるとどの音が出るのか勉強してきました。

その話をしたときの知り合いの反応2つ。

・「ま、まさか本気でベースを弾こうとしてる?」(相方)
 まだまだ甘いですな。私のモットーは『暴走』です。

・「え?もうベース買ったんですか?」(会社の後輩)
 実はちょっと迷った。けど、やめといてよかった。
 あやうく、左利きなのに右利き用買うところだったよ、後輩。

とりあえずは、しばらくは宮城さんのエアギターのように
エアベースすることにします。
いや、宮城さんは本物のギターも弾けるでしょうけど…
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-16 14:11 | のほくらし

本を読む20050812

『墜落! の瞬間 ボイスレコーダーが語る真実』 マルコム・マクファーソン編著 読了。

航空機事故28例のボイスレコーダー記録を記した本です。
ちょうど20年前の今日起こってしまった日航機JAL123墜落事故や、
大韓航空機がサハリン沖でソ連軍に撃墜された事件、
スペースシャトル チャレンジャー 等の事例が載っています。

個人的に1989年7月のユナイテッド航空機墜落事故のボイスレコーダー記録が
読みたくて購入したのですが、その他の事例も含め、とても重いものでした。
#この、1989年のユナイテッド航空機の事故では、JAL123と同じく油圧系統が
#完全にダウンしたそうです。そんな状況で、たまたま非番で乗り合わせていた
#パイロットが、実はJAL123の事故の後、「もし自分の操縦する飛行機がJAL123と
#同じ状態になったらどうするべきか?」というシミュレーションを自主的に行なっていた
#そうで、その知識が結果的に乗客の6割の命を救った、言われているそうです。


一番ショックだったのは、1993年11月の中国北方航空の事故の記録。
これは、前書きに少ししか書かれていませんが、ボイスレコーダーに本気で絶句する
部分があります。

この航空機は、霧のため高度を誤って、空港近郊に墜落したそうなのですが…
以下、本の内容を抜粋。

地表に航空機が近づきすぎたときに鳴る警告音:「pull up(上昇せよ、の意味)、pull up」
機長:「(副操縦士に)"pull up" って、どういう意味だ?」
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-12 00:35 | のほくらし

いじけるなベイベー

夏休みが消えた。
余計なシステムがいきなり動くことになったために
来週も働き続けなければならない。

楽しみにしていたサマフェスに行けなくなった。
営業が稟議の承認をとっていなかったため、
本来のシステム納品予定日にシステムをインストール出来ず
(データベースソフトが間に合わない)、
サマフェス当日に出張が延びてしまった。

先が見えない。
途方にくれている。

とりあえず、ipod を聴きながら大声で叫んでる。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-10 23:06 | のほくらし

『あんたのどれいのままでいい』

とアベに言われたら、
「じゃ、足の甲舐めてよ」
なんて言ってみたい所だけど、
実際は、言われた瞬間に泡を吹いて倒れると思う。

なんて妄想しながら、自宅に持ち帰った仕事をしております。
はよ『あんたのどれいのままでいい』を聴かせておくれ>相方


…それまでは『GOD JAZZ TIME』のDVDを観て暴れとこかな。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-07 00:09 | のほくらし

プロ意識

私は遠距離恋愛中なので、月に一度は飛行機に乗ります。
正直、あまり得意ではないのですが、背に腹は変えられないので。

みなさんは日本航空123便墜落事故をご存知でしょうか。
ちょうど20年前の8月12日、羽田から伊丹へ飛んでいた航空機が群馬の山中に墜落し、
乗員乗客520名の方が亡くなり(うち1名は妊婦さんだったそうです)、
4名の方が奇跡的に救出された事故です。

先日、ネットでこのようなところを見つけました。
事故時のボイスレコーダーの交信記録を記したサイトです。
こちら
音声も一部聞けるようですが、あまりに辛くてまだ聞いていません。

123便はなんらかのトラブルの発生後、墜落までの32分間、蛇行を続けました。
上のサイトの『飛行経路略図』の項目で、蛇行の様子を見てください。
交信記録を読んでいただくと分かりますが、飛行機が制御不能になる中、
機長、副操縦士、航空機関士の3名の方が懸命に羽田に戻るべく、残された手段を用いて
努力を続けたことがわかります。最後まで諦めなかった、それゆえの蛇行なのです。

このとき、パーサーの方々も職務を全うすべく、乗客の誘導等を行なっていたそうです。
その日たまたま非番で123便に乗り合わせた 女性の証言 からも、
パーサーが落ち着いて行動していた姿を知ることが出来ます。

過去に一度だけ、私も航空機で怖い思いをしたことがあります。
台風の強風域に入った福岡空港に私の乗った機が着陸しようとしたのですが、
強風でものすごい横揺れと乱高下を繰り返し、結局着陸を諦めて、
出発した空港へ引き返したのです。
2度着陸を試みたのですが、あのときの揺れは本当に怖かった。
2度目の進入のとき、急に機体がかくんと落ちてコックピットから警報音と人工音声が
聞こえてきたときは、死がちらりと頭をかすめました。
隣の席のシスターは十字を切ってましたし。
20年前の123便は、あれすら比較にならないような状況だったのですよね…

「これはだめかもわからんね」という機長の言葉は、極限状態の中でふと出てしまった
本音でしょうか。無理かもしれない、そう感じながらも、最後の最後までプロとして
逃げ出すことなく職務を全うした乗員の方々には、本当に頭の下がる思いです。

事故で亡くなられた520名の方々のご冥福と、
救出された4名の方が心安らかに過ごされていることを祈りたいと思います。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-03 23:53 | のほくらし

花火っ

隅田川の花火大会に行ってきました。

江戸っ子、粋です。
掛け声がうまいんです。
ちょっと感動。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-01 23:15 | のほくらし