2006年 05月 21日 ( 1 )

2006読書日記(1)

最近買った本をメモ代わりに。

・夢枕獏
 『陰陽師 生成り姫』
 今、この人の作品では、『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』が気になっています。
 早く文庫本にならないものか。

・R.F.ジョンストン
 『紫禁城の黄昏』
 清国のラストエンペラー溥儀の家庭教師だった英国人の回想録。
 溥儀関係の本はどうしても気になってしまう。

・酒見賢一
 『後宮小説』
 上野の古書店で、懐かしさのあまり購入。
 中学の頃好きだった、中国王朝モノ。

・スティーブン・ワインバーグ
 『新版 電子と原子核の発見 20世紀物理学を描いた人々』
 たまには理系らしく。

・ウォン・カーウァイ
 『花様年華』
 映画の原作本。不倫モノですが、美しいです。切ない。

・クリストファー・ドイル
 『ブレノスアイレス飛行記』
 ウォン・カーウァイの映画に欠かせないカメラマンである著者の、映画『ブレノスアイレス』
 撮影日記。彼の撮る色の美しさが大好きで、毎回観てしまいます。
 数年探し続けたものを先日、下北沢で発見。

・柳田国男
 『遠野物語』
 高校の頃に民俗学の存在を知っていたら、私は間違いなくそっちの道へ行ったと思う。

・八木原一恵 役
 『封神演義』
 中国古典に手を出そうかと思っていた頃に、古い友人とそのネタで盛り上がってしまい、
 思わず購入。次は『史記』の漢文版が欲しいです。

・エルネスト・チェ・ゲバラ
 『モーターサイクルダイアリーズ』『ゲリラ戦争』
 キューバの英雄、チェ・ゲバラ。後者は本当にゲリラ戦の方法を記した本。
 今後参考になることもあるか…な…
[PR]
by miharu0211 | 2006-05-21 21:25 | のほくらし