2005年 10月 27日 ( 1 )

コミックバトン

とやらが、またぶりさんよりまわってきたので。
だめですよ、ふぢょしに回しては。まったく。

といいつつ、答える。長文です。

1.本棚に入ってる漫画単行本の冊数。
 引っ越したばかりなので少ないはず。多分15冊くらい。
2.今面白い漫画。
 漫画じゃなくてアニメですが、ケロロ軍曹が大好きです。
 来週から毎週チェックできるわぁ。ぐふふふふ。
3.最後に買った漫画
 小野塚カホリ『虜囚』か、流水りんこ『インド夫婦茶碗』。
 どっちにしても、2年近く前。
4.良く読む、または特別な思い入れのある5つの漫画
 読んだのが若い順に並べます。キーワードは「イタイ」と「セツナイ」。
 (1)谷川史子 『きみのことすきなんだ』
  同名の単行本に入っている作品。『りぼん』です。少女雑誌の王道ですね。
  全体的にさわやかなのですが、キャラクターが見せる感情の影が谷川さんはうまいです。
  これは、魚嫌いの女の子が、魚屋の息子を好きになる話です。本当に青春。
  『緑の頃わたしたちは』『各駅停車』も好きです。
 (2)高河ゆん 『アーシアン』
  20代後半のふぢょしの方は、これがきっかけだった人も多いのではないかと。
  14歳の私の辞書の中から、「恋愛は、異性同士がするもの」という行を消し去って
  くれました。別に好きになったら性別なんて関係ないじゃん。
  あと、「性別に関係なく、美しいものは美しい」「男女問わず、中性的な人の美しいことよ」
  とかを学びました。
 (3)藤田和日郎 『うしおととら』
  人間を書かせると、藤田さんは本当に上手いです。
  人間の優しさ、醜さをきちんと描く人ですよね。それだけにぐさっときます。
  真由子が泣きながらとらの髪を梳く場面は、本当に切なかったです。
  流が裏切る話も、泣きました。
 (4)皇なつき 『愁雨歳月』
  『燕京伶人抄』という単行本の中の作品。
  このコミックスは、京劇の人気女形・楊洛仙と彼を取り巻く人々の作品がいくつか
  入っているのですが、『愁雨歳月』は夫婦のすれ違いと愛情の話。
  皇さんの作品、丁度再販されたばかりのようです。
  絵が本当に綺麗なのでオススメです。
 (5)小野塚カホリ『LOGOS』
  タイトルと同じ単行本の中の最初の作品。
  私の中では、ミッシェルの『GT400』がこの作品のテーマ曲になってます。
  緑っぽい空の青。そして、逃避行。
  小野塚さんだと、『我れに五月を』『夏が来れば思い出す』『深夜少年』
  『キャラコリ デュ ネギュス』『花』も好み。全て男×男。
  この作家さんは、どの作品もイタイので、男×女は読まないようにしています。
  自分がそうなりそうだから。
5.バトンを回す5人
 とりあえず、明日の妄想の会でご一緒するひつじ氏 に回します。5人分書いてもらおうか。
[PR]
by miharu0211 | 2005-10-27 23:13 | 自己紹介