ダラムサラ旅行記(終)

だらだらと続きましたが、やっとこさ書き終えました。
まだ、手を多少加えるかもしれませんが、とりあえず終わりです。

感想。
インドは面白かった。
がさつなO型にはとても居心地の良い土地でありました。
大変だったのは、トイレで苦労したことくらい。
それ以外は全く平気でした。
まぁツアーだし、良いホテルに泊まったので、苦労してないからかもしれませんが。

Dharamsala は想像していたところと全く違いました。
なかなか面白いところでした。
日本に帰るのがとにかく嫌だったのは、あの土地で出会えた皆さんの御厚意が
あったからだと思います。
次はもう少し長く滞在したい…と思っています。


帰国後早速おなかを壊してかなり苦しみましたが、とにかく楽しい経験でした。
未だにエンジ色の服の人を見かけると胸が躍りますし、
日本の道路にきちんと整列した車を見ると感心します。
日本は几帳面な国だわぁね。


d0016306_14403311.jpg先日、うらるんたさんよりあのときの砂マンダラの砂が届きました。
いろんな色が混じった砂。

懐かしい気持ちになりました。
まだ1ヶ月経ってないのに。

砂の器の下は、今回頂いたカターです。
あのときの皆様が末永く元気でありますよう。


今回の旅でお世話になりました、
ガイドの 小川様 Thupten 様と現地旅行社の皆様と日本側の風の旅行社様、
Sonam 様&直子様御一家をはじめルンタレストランの皆様、
2人のクショラ Yeshe Togden 様 と Ngawang Woebar 様をはじめ
Gu-Su-Chum の皆様、
ミキヨ様 ユミ様と旅行中にお会いした皆様、
日本で心配頂きました家族&友人&元会社関係の皆様、
そして、こんなボケ人間と旅を御一緒していただきました
うらるんた様 ももちべ様 中村様にお礼を申し上げます。

皆様の御多幸とダライ・ラマ法王の御長寿をお祈りしております。

追伸:
3月に風の旅行社さんが、法王のティーチングツアーをするようです。
Dharamsala に行くには良い機会かと。
[PR]
by miharu0211 | 2005-12-16 15:01 | 北インドへの道
<< クリスマスのプレゼント ダラムサラ旅行記(17) >>