ダラムサラ旅行記(0)

11/19(土)。
この日は、学生時代からの友人マゾ(注:友の呼び名)の結婚披露宴で八王子へ。
及川光博を新郎自らが踊る披露宴は初めてでしたよヲイ。
踊らせたのは、新郎の友人である我々だけど。
そして、私も新郎の後ろで踊ってた一人なのだけど。

披露宴のみで帰るつもりが、調子に乗って2次会まで参加し、
ホテルに帰ったのは午前2時近く。
ぐだぐだのまま、出発当日を迎える。


11/20(日)。
日暮里で相方と別れ、スカイライナーで成田空港へ。
私も相方も日本国から抜け出したことがない。
初海外ということで、それなりにしんみりとした良い別れをする。
ここまでは本当によかった。


京成の駅を出て、成田空港に入ろうとしたとき、マズイことに気が付く。
目の前に掲げられた看板に書かれた一言。
『成田空港に入るにはパスポートなどの身分証明証が必要です』

パスポートはインド査証の申請のため、添乗員の中村さんに預けてある。
免許証等は「落としたらいけない」と思い、全て相方に預けて来てしまった。
すなわち、身分証明できるモノがない=空港に入れない。
一瞬、途方に暮れる。
まさか、此処でボケをかますとは orz

寝不足の頭で、必死に空港に入る方法を考える。
待ち合わせ時間まであと30分。
ふと、携帯を持ってきたことに気付く。
本当は持ってきたくなかったのだが、帰国時に相方に連絡を取るため
しぶしぶ持ってきたものである。
慌てて、風の旅行社に電話をし、中村さんの携帯番号を確認。
電話して事情を話し、救出を請う。

5分後、笑いながら中村さん登場。
パスポートを返してもらい、ようやく空港に入れたのであった。

本来の待ち合わせ場所である第2ターミナルへ行くと、かねてからの宣言どおり
見送りに来てくれた風来坊さんに「空港からボケかますとは」と言われる。
私も此処ではかましたくなかったっす。


出国審査や荷物預かりなどをどきどきしながら行ない、いよいよ搭乗口へ。
そこで、飛行機の出発時間が予定より15分早まっていることに気付く。
噂には聞いていたが、恐るべしエアインディア。乗り遅れたらどうするんだか。


今回の飛行機は Delhi 直行便。12時間(で良いんだっけな?)の旅である。
機内食のノンベジ+肉メニューはカレーだし、
放送もヒンディー語+英語だし、
機内で流れる映画もマサラムービーてなヤツだし、
雲の上に突き出したヒマラヤを見ることも出来たし、
私はすこぶる上機嫌であった。

斜め前のインド人らしきお姉さんが、携帯を読書灯代わりにして本を読んでいたのを
除けば、ね。あれは怖かった。

エアインディア情報をあとひとつ記すと、
『エアインディアでは、Delhi に着く前に機内で殺虫剤が散布される』という噂話は、
どうも事実だった模様。
デリー着陸1時間ほど前に、何かの液体を客室乗務員が散布するのを目撃する。
あれはやっぱり殺虫剤?


夜8時半過ぎに Indira Gandhi 国際空港に着く。
暑くはないものの、Delhi の空気は少し澱んでいるように感じた。
[PR]
by miharu0211 | 2005-12-01 21:58 | 北インドへの道
<< ダラムサラ旅行記(1) ダラムサラ旅行記(序) >>