予防接種について

パスポートの申請も終わりました。
次は予防接種。

海外に出かける場合、その土地で流行している感染症にかかる可能性があります。
なので、事前に予防接種をしておくと良いこともあるようです。
が、何をどう打てばよいのかシロウトにはわかりません。

こんなとき、各検疫所の相談窓口に連絡すると相談にのってくださいます。
厚生労働省の海外渡航者のための感染者情報というHPでは、近くの検疫所を調べることも出来ます。
ここは、各地域ごとの感染病情報もあるので便利です。

私のいる福岡の場合は、海外渡航する人のための専門窓口(電話)が開設されていました。
「いつから、どこの土地に、どれくらいの期間行くのか」によって、どの予防接種を
優先に行うべきかについて親切に教えてくれます。

ちなみに、11月に北インドに10日ほど行く場合は
・A型肝炎(2週間隔で2回)
・狂犬病(1ヶ月の間に3回)
を接種すると良いんだとか。
A型肝炎と狂犬病ワクチンは同時接種も可能だそうです。
ただし、予防接種は副作用が出る可能性もあるため、旅行の2週間前までに
済ませておいた方が良いそうです。

マラリアが怖かったので、その予防薬のことも訪ねてみたのですが、
「予防薬の副作用を考えると、10日間の旅行であれば服用しない方がいいです。
潜伏期間から考えると、もし発病しても日本で治療できますし。」
と言われました。

それもどうだろう。

そうそう。
相談の前に、自分の母子手帳を用意しておくといいですよ。
幼い頃にどんな予防接種を行なったかどうかを聞かれます。

追記:
マラリアの予防薬ですが、やはり副作用の強いものがあるみたいです。
ですが、やはり効果はあるようですので、蚊の多い地域に長期滞在される方は
飲むほうがいいのでしょうね。罹った知り合い曰く、本当に苦しいそうですから。
[PR]
by miharu0211 | 2005-08-30 15:37 | 北インドへの道
<< ビシバシ水平! 自己責任とは >>