本を読む20050726

週末は読書で過ぎました。

①平野啓一郎『日蝕』
本屋で立ち読みするつもりが、その文章につられて思わず買った本。
場所は中世ヨーロッパ。魔女狩りや黒死病の時代。
主人公の神学生は「異教哲学の克服」したいと思い、パリからフィレンツェへ
旅に出ます。彼の旅の動機や、旅先で体験した出来事など、とにかく
引き込まれました。オススメですよ。

②京極夏彦『姑獲鳥の夏』
妖怪好きとしては、京極を前から読んでみたかったので、今回選択。
感想は…謎解きの筋より、謎解きの複線となる様々な話が面白かったです。
謎は半分まで進む前にわかってしまったので…
ミステリーって滅多に読まないのですが、
やっぱり途中で犯人や動機がわかるから面白いのでしょうか。
それとも、わからない方が優れたものなのでしょうか。
この人の「怪談物」を今度読んでみたいものです。
[PR]
by miharu0211 | 2005-07-24 22:18 | のほくらし
<< その仕事、天職ですか? 青い春 >>